泥にまみれる。(比喩) 残り169日

今日は3時頃起きた。

昨日は休みだったので、夜7時ぐらいから、勉強していたら、いつの間にか22時になっておった。

夜も勉強をしたいところだけど、

朝の勉強に支障があるかもしれないので時間に注意である。

いつも使っている理論の15過去問を会社に忘れてきてしまったので、

本日の理論の勉強は年度別の理論の問題集を使って、解いて見ることにした。

2時間で2年分の問題を解くのが目標である。

本番でも初見の問題を65分で解かなければならないので何度も解いた問題ならば解けて当たり前のノルマである。

まあ、なんと言いますか時間内に解けなかった。

やはり、考慮時間が長い。

解法を決め淡々と計算するという稽古が必要かと思う。

静電気から磁気回路、直流、三相、過渡現象、電子回路と一通り通れるので、 早いとこ年度別移りたいところだ。

電験2種の問題を解いていると、何となく3種の問題が簡単そうに見える時もある。

だけど忘れてはならないのは、それを解けるようになるのは、物凄く努力をしたということ。
(自分は)

だから決して今勉強している人に対しては、あんなもん簡単ですよとは口が裂けても言わないようにしたい。

喉元過ぎれば熱さを忘れる。

である。

電験三種の勉強の時も右手にペンだこ出来て、
ペンが握れなくなるぐらい計算しまくった。

結局根性だった。

自分は
根性を強制するつもりも、強制されるつもりもないけれど、

自分が電験に合格出来るとしたら、根性が左右することになるだろう。

それは、絶対に忘れない。

技術にしてもなんにしても、いつまでも挑戦者の気持ち、修行僧のような気持ちで取り組んで行きたい。

スタイリッシュを追求しようとしたけど、
やはり自分には泥臭さが似合う。

そんなことを実感した。

日記を書き続けるということ。残り171日

今日は2時半頃起きた。

すぐには勉強する気になれなかった。

上がり調子だった気持ちもなんだか少し冷めてしまったのだ。

だけど勉強は続ける。

何故勉強を続けるのかは分からないけど、
習慣化され辞めることが出来ないのだ。

3時に勉強を開始した。

勉強日記をもうかれこれ6年ほど書いている。

ということは、勉強も6年ほど続けている。

いろんな人が勉強日記をつけ、いろんな人がいつの間にかいなくなった。

アメブロにはアタクシの先輩方がまだブログを続けている。

それをたまに読みに行く。

電験日記の類も沢山見てきた。

合格したら、そのまま閉じる人もいるし、

不合格のまま消えて行く人も何人も見てきた。

不合格者のコメント欄は結構辛辣なコメントがある。

オーバーキル的なものだ。

アタクシはそれを読み心を痛める。

そういうコメントを貰うために日記を書いているのではないだろうなと思いながら、フォローのコメントをいれる。

アタクシも合格者に結構厳しいことを書かれ、
ブログをしばらく閉鎖した事があるので気持ちがわかるのだ。

不合格というのは、平静を装いつつも結構ダメージが大きい。

ダメージは努力の大きさに比例する。

努力すればするほどダメだった時のダメージはでかいのだ。

それを乗り越えるには結構根性がいる。

受験して心が折れた人は、数字にも現れるけれど、

受験前に去る人は数字にも出てこない。

電験という資格の挑戦者は、数字にも出てこない人も大勢いる。

アタクシが日記を書いているのは、勉強を続けているからだ。

勉強の記録を付けながら、その時にどんな気持ちだったのか、何をしてきて、これこら何をするべきかのリアルな気持ちを書いている。

勉強を辞めた時にこの日記は終わるだろう。

予告して終わるのか、突然消えるのかわからない。

出来ればお世話になった人達にちゃんとご挨拶をしてから辞めたい。

日記は通勤途中の唯一の心の整理する時間として、これからも続けていく。

いつか自分が読み返した時、どんな気持ちになるのだろう。



未来の自分へ

元気ですか?

まだ勉強続けているようですね。

その後電験2種は取得できたのかな?

今は何の勉強をしているかは知らんが
とにかく頑張れ。

過去の自分より。

月間計画を考えた。残り172日

今日は3時頃起きた。

ついつい、ツイッターとYouTubeを見る癖が抜けていない。

思い切ってスマホから2つとも削除したった。

兎にも角にも勉強に集中して、電験2種をゲットしなければならない。

二次試験の勉強はとりあえず、戦術メインで進めている。

事前に計算の攻略に収録されている問題は、
戦術の問題に計算の攻略の何ページに収録されているよ。とメモしているので、

見比べながら解いている。

解いていると書けば多少はカッコイイが実際の勉強は写経しているに過ぎない。

アタクシの電験の勉強の基本はとにかく写経だ。

写経して意味が分からないことは、注釈をいれる。

それを2、3回繰り返し、自力で解いてみる。

自力で解いて初めて疑問にぶつかる場合もある。

今はこれから付き合う問題たちと挨拶がてらに写経しているのだ。

計算の攻略とどちらの解法が自分にあっているかのチェックも兼ねながらだ。



勉強終了後に月間予定も考えた。

4月
理論は15年過去問2周目。
二次試験は戦術。

5月
理論 15年過去問3周目
二次試験は戦術、機械に行けたらいいな。

6月
理論 いよいよ過去問を年度別に解く。
2時間で答え合わせを込で2年分。
平成7年から26年までの20年分を10日で解くのを繰り返す。

二次試験は戦術、機械かな?

7月
理論 過去問年度別
正解率をあげ、とにかく計算スピードをあげる練習。

二次試験は戦術、ラプラスと遊ぶ。

8月
理論のみに集中。二次試験の勉強はお休みだ。
苦手分野の克服と不動さんのテキストなどから、
芋づる式にいろんなことを思い出せるかをチェック。
最近の問題で模擬テストをする予定。

こんな感じだ。

予定は日々の勉強で変わる予定もあり、
合わないと思ったら変えなけれぼならない。

予定を作ることでまた、光みたないものが見えてきた。

やる。

とにかく勉強して計算して電験2種を突破する。