電験二種勉強日記~残り328日

今日は3時頃起きた。

本日は電力・管理のノートまとめである。

読んでもあんまり頭に入らないかれど、書くとなんとなく流れがわかってくるような気がする。

気のせいかもしれないけれど、自分の場合何回読んでも頭に入らないのだ。

性能の悪いロボットがいて、

何回もプログラミングをやり直す。

性能の悪いロボットというのはもちろん自分だ。

プログラミングするのも自分。

どういうふうにプログラミングすれば、
効率的に出来るかを繰り返し繰り返し試す。

やはり何年もそれを繰り返すとポンコツロボット、つまりポンコツな自分にも愛着が湧いてくる。

あと何年勉強すればいいのだろう。

勉強が一段落すれば、趣味に没頭するつもりだけど、そんな日はもう来ないような気がする。

勉強が、ライフワークになってしまった。

電験三種の世界に足を踏み入れた瞬間に

こういう状況になることは予想されていたのである。

今頑張れば、定年後の生活もある程度保証さらると思っている。

そう信じているからこそ続けているのだ。

今回昇進の内示を頂き、
予想から確信にかわった。

昨年と机に向かう時間は同じだけど、

明らかに勉強の濃密度が違う。

電験3種の時のようなゾーンに入りそうだ。

とりあえず、平成元年から平成30年度あたりの
理論の問題は一通り解けるようにやってみるつもり。

来週金曜日、合格発表だ。

合格線上にある電力はなんとか合格していて欲しい。


コメント