電験2種勉強日記~残り363日

机の前にぼっーと座りながら、
目の間にあるテキストを眺めておりますと、
いろいろなことを思い出す。

私は計算が大の苦手てで
繰り上がりのある計算、
掛け算、分数、面積、
ことある事にみんなより習得が遅かった。

中学生の頃、このバカと言われながら
クラスの優等生にストレスのはけ口になり
殴られたり、蹴られたりしたこと。

電工時代、バカと言われながら毎日毎日
サービス残業を続けたこと。

電験3種に落ちた時、ブログのコメントで
来年も絶対無理とコメントがきたこと。

1発合格を狙っていったエネ管で1問差で落ちたこと。

電験2種の勉強を開始した時無駄な努力はやめた方がいいとコメントがきたこと。

会社でも電験合格後勉強をしたって経験がないから無駄。とか電験を持ってない奴にいろいろ言われていること。

何かを続けておりますと、
時にいろんな外乱に惑わされることもあります。

何度辞めようと思ったか。
中断したか、
数え切れません。

それでもかれこれ7年間
なんとか苦手な計算にぶつかってきた。
逃げてはいないつもりです。

その様子は毎日書き綴ってきたつもりですが
それでも頭のいい人達には、無駄な努力に見えるかもしれない。
私も冷静に自分を観察すれば、アホすぎて笑ってしまうかもしれない。

これはもうしょうがないのかなと思います。
試験に挑戦している以上、結果が全てだと思うから。
結果が出せない奴はただの敗北者です。

今は気力が続く限り耐え忍び続けるしかない。
せめて敗北者ではなく、挑戦者でありたい。

電験挑戦開始から8年目の今、そういう思いです。



コメント