電験2種勉強日記~残り1日

今日は5時頃に起きた。

もう少し早く起きれれば多少勉強する時間もあったかもしれないが、

夜中腹痛と闘っていたのだ。

何とか治ったのでよかった。

いよいよ明日だ。

会社に通勤してそのまま試験地に向かうので、

バッグに着替えだとか受験票だとか計算機だとか詰め込んだ。

地方受験者の何がつらいって、
やはり移動にかかる費用と時間であろう。

移動だけで合わせて約半日
宿泊移動費で安く上げても2万円ほどかかるのだ。

深夜高速バス1泊コースもあるのだけど、
睡眠があまり取れないので試験向きではない。

今こうやって勉強日記2年目最後の日記をかきながら、

1年何をやってきたかを振り返ってみる。

理論そして、電力、理論、理論、理論。

ほとんど理論に傾けてきた。

理論は難しいと言いながらも、

合格者の表を見ると半分ぐらいは合格しているように見える。

1次は本来ならばただの足切りなので、

ここで苦しんでいるようだと、とてもじゃないが
二次試験は無理な世界なんだろう。

しかし、理論、電力、機械、法規。

ダントツで難しいのは理論であった。

出題される問題はたぶん初見に見えるだろう。

昨年は開始15分後あたりには、既にマークシートを埋めていた。

考える余地もないちんぷんかんぷんな問題だったのだ。

1年間勉強してきて少しは悩むのだろうか。

時間が足りないと感じるのだろうか。

電力は完全に運である。

知っている問題が出題されたら嬉しいし、
業界では常識だが、自分の中では初めて見るような文言には歯が立たないであろう。

明日の夕方には一年の勉強の総括がてきていると思う。

また1から理論をやり直すのか。

二次試験の勉強を慌てて開始するのか。

どっちに転んでも挑戦は続く。

コメント