電験2種勉強日記~残り39日

今日は五時頃起きた。

今日は久しぶりにクーロンの法則をやってみた。

すっかり忘れていた。

クーロンをやれば、交流を忘れて、

交流をやる頃には、過渡現象の部分が飛んでいるような気がする。

未来にいって、過去に戻ると、未来にいた頃の記憶が消える。

そんな感じである。

これを高速で回すことが出来れば、

いいんだけど、なんせ解くのに時間がかかるため、

高速回しも出来ない。

攻略が厳しい理由はそこら辺にもある。

電験2種に合格出来れば、3種のテキストが執筆出来るのではないかというぐらい、

よくよく理解しなければ解けない。

そうこうしているうちに、40日をきってしまった。

進捗率30%ほど。

合格は遠い。

一応最後の悪あがきというか、追い込みをかけようとおもう。

精一杯やって、もう少し勉強すればよかった!

と悔しがりたい。

悔しさも、喜びも努力の量に比例するのではと思う。

どうせダメなら、涙が出るほど悔しがりたい。

ということで、最後の追い込みをしてみる。

もしかしたら、ということもある。

とにかく、理論だけは倒さなければならない。

理論を倒すだけで、泊まり込みで試験を受けなくていいのだ。

メリットがある。

理論の勉強に偏りすぎて、二次試験の勉強は一切やってない。

まあ、とにかく残り39日間、本気モードに移行する。



コメント