電験2種勉強日記~残り63日

今日は3時半に起きた。

本日もこれだけ理論をすすめる。

何度も通ったはずなのにいまだに
「これこういうことだったんだ」
の連続である。

そして進みも遅い。

来年も勉強してそうな気がする。

今欲しいものはなんなのか?

ふとそんな質問を投げかけられ、

返答に困る。

物はあまり増やしたくない。

寧ろ減らしたい。

電験2種の資格なのか?
となるけど、

仮に今の自分に電験2種が与えられたとして、

嬉しいか問われると、複雑である。

自分にとって資格とはただの紙切れではなく、

それ相応の実力や経験の証明だと思う。

今電気を勉強しているのも、自分が電気について
何もわかっていない。もっと知りたいという動機もあり、
その過程に電験2種というのがある。

自分らの職場は社員教育などなく、
責任者ともなると、独学でスキルを身につけなければならない。

何も知らないうちに教える立場になっている。

こんなんじゃだめだ。

何とかしないとという焦りの気持ちもある。

もちろん、電験2種を取れば給料があがる。

それは、会社が自分の実力に価値を与えてくれたんだと思う。

電験2種は中途半端な気持で
合格出来るものではなく、続けるのもそれなりの覚悟がいる。

明日あなたは電験2種ホルダーになります!

と伝えられても自分は嬉しくない。

それに満足するならば、免状の3を修正液で
1に変えれば済むことだ。

そう考えると自分に欲しいものはなんなのか?
という問に対し明確に答えることが出来ない。

自分は明日も勉強する。

その先にはずっと勉強しかないとしても、

自分は勉強を続けるだろう。

コメント