掃除機を褒める会

我が家では、冬のボーナスが支給されたら、一つ家電を買うという事にしております。

今年は、8年ほど使った掃除機を買い換える事にしました。

20日ほど前のブログで掃除機を買った。と報告しました。

実は、ペニオクで864円で落札したよーーー

嘘でーすーーよおーー!
ヾ(@°▽°@)ノ

インターネットのどこかの電気屋さんで買いました。


だいぶ使いこなしたのでレビューを書きます。

買ったのは、PanasonicのPAー22G
紙パック掃除機です。
価格は22000円送料税込み。
色はピンクです。

カタログで見た感じ、
「こりゃデザインが絶対好きになれん」
と思っていたのですが、
ヤマダ電気に偵察に行きまして、
思ってたよりもデザインが悪くなかったので、
機能が気になっていたPAー22Gにした次第です。
以下ニイニイさんと書きます。

photo:01


photo:窓辺にたたずむニイニイさん。

機能その一。
ニイニイさんは、ピカーーーっと光ります。
ライトオフ
photo:02



ライトオン
photo:03


これで部屋を暗めにしてても掃除が出来ます。

機能その二
ニイニイさんは、ゴミセンサー搭載してます。
ゴミ吸い込むと、手元とヘッドの根元付近が赤く光ります。
photo:04


photo:ヘッド付近が赤く光るニイニイさん

ダニのウンコの大きさまで感知します。
ゴミを感知すると今まで静かだったモーターが、ガオーーーーーウって
唸ります。

うーーーーん高性能。

機能その三
ヘッドを浮かすと掃除機が止まります。これはイマイチ恩恵を受けておりません。
デコボコのところでも止まってしまうので・・・・
この機能はオン、オフ可能なので、オフでもいいかなあと個人的には思います。




他の方のレビューで、ローカが拭き掃除したみたいになるとありまして、

「うっそだあーー、そんなことあるわけないじゃんねーーーー(`∀´)」
とウタグッテおったのですが、

掃除機をかけたあとのローカを裸足で歩くと、

まあ、なんということでしょう。
ざらついた全然感じがしないのです。



今のところ、排気の臭いとか気になりません。

紙パックはまだ交換サインが出てないのですが、紙パックにシャッターがついていて、ゴミがこぼれないようになっているようです。

ホント買ってよかったあ。

掃除機はよくなりましたが、掃除をする人がいないと結局、部屋が散れたままなのが、辛いところです(>_<)




iPhoneからの投稿

読書日記~本を読もう!

自分は、1週間に1冊、

年間50冊の本を読むことにしております。


電気のことばかり勉強しているので、

知識に偏りがあってはいけないと思いまして


本はあらゆるジャンルをセレクトします。


図書館に行って、新刊をパラパラめくって

興味がある、もしくは、自分が全然知らない分野の

本を選んで読みます。


本日読んだ本は、

齋藤孝 著
おとなの「学問のすすめ」


いわゆる福沢諭吉の「学問のすすめ」

の解説本です。


これまで3冊ほど学問のすすめを読みましたが、

この本が一番読みやすい気がしました。

原文、訳、 解説というリズムで書いてあります。


スラスラ読めました。。


「学問のすすめ」は、

新渡戸稲造「武士道」とともに

一度は読んでおきたい本だと思ってます。




読書日記~今読んでいる本

今読んでいる本は、


池澤夏樹 著

「ぼくたちが聖書について知りたかったこと」


キリスト教、ユダヤ教の成り立ちや、ユダヤ人について

秋吉輝雄氏との対話方式で書かれております。


哲学、儒教、仏教の考え方の本は読みましたが、


キリスト教はまだだったなあと思って


手にした次第です。


自分は、神様は自分の心の中にいて、

心の持ちようで、悪いことが起きたり

幸せになれたりするんじゃないかと

という考え方で生きているので、


どこかで神様が見ているから、行動を律しなければ

ならないという考えには少し抵抗があります。


だけどやっぱり困った時には、

神様に頼りたくなります。


自分の中に神様がいるという考えより、

どこかで神様が絶対見てると思う方が

善い行動を取れるのかなあと。


家には聖書もあるので、今度読んでみます。





読書日記~福澤諭吉関連の本

「福澤諭吉に学ぶ思考の技術」

岩田規久男 著


図書館で借りてきた。


自分の職場は、今まで古い慣習に守られてきた面がある。


それをぶっ壊す側の人が書いた本である。


規制緩和でいろいろな会社が参入してきた。


それにより給料は下がり、


労働条件も年々厳しいものへと変化していっている。


生活に直結しているのだが、


内心では、自分も規制緩和、競争自由化は賛成であり、


競争するからよいものが生まれるんだと思う。


そして、今勉強しているのも、


そういう厳しい競争社会の到来を予想しているからだ。


会社のためにスキルアップすることは


自分自身を守るためでもある。


それに、ライバルは国内だけではない。


TPPにより、外国企業が参入するとなるとよりいっそう


競争は激化する。


自分は底辺かもしれないが、日本国民一人一人が


そういう意識を持つ段階に来ているんじゃないかと


自分は思う。