電験2種勉強日記~残り329日

今日は3時半頃起きた。

眠い。そして寒い。

寒くなってくると毛布から出たくなくなる。

季節は完全に秋だ。

食欲の秋、勉強の秋というが、

夏場の試験の秋も重要である。

時間がないけど、そこまで追い込まれてはいないのでじっくりと問題を考えることが出来る。

平成24年に出題された過渡現象の問題。

おそらく電気書院の過去問自体に、誤植があり、
それを他のテキストにもコピペしているので、
平成26年版の理論の15年間、および平成28年度版
の電験2種模範解答集で同じ誤植をしている。


答え自体に影響はないのだけど、

どうしたら、足し算を掛け算に直すことができるのか、小一時間ほど悩んだ。

CE×v(t)が、CE+v(t)にするためには、

どのような計算をすればいいのか、
恥ずかしながら本気で悩んだのである。

1年勉強してやっと誤植に気づいた。

何周したんだかわからない。

理解せず放置していたのだ。

誤植だと気づけたということは、多少なりとも
レベルが上がったのだろうか。

明後日も過渡現象を解いていく。

取り敢えずは過去問の過渡現象は全てスラスラ解けるまで繰り返す。