電験2種勉強日記~残り51日

今日はあまり寝ていない。

旧友たちと深夜までいろんな話をしたのだ。

勉強の方は相変わらすのこれだけ理論。

電気の勉強というよりヒラメキの特訓に近い。

出題されるのは、ほぼ初見の問題なんだけど、

重要なのは、初見でも落ち着いて対処出来るか?

ということが問われる。

初見の問題に対処出来るようになるには、

既存の問題は見ただけで即反応出来るようならなければならぬ。

どうやってそのレベルに達するかというと、

ひたすら反復しかないと思う。

ここで頭の回転の速い人と、凡人の差が出てくる。

一周だけで習得する人、20周してもおぼつかない人。

アタクシは圧倒的に後者に属する人間だ。

かといって放り出すわけにはいかない。

ひたすらひたすらにタダ反復を繰り返す。

苦行なのか。

苦行である。

合格した時の一瞬の喜びを掴むために、
ひたすらに筆記用具を酷使する。

そこには人生の打算などはない。

目の前にある問題をひたすらに解くのみだ。

こうして、アタクシは明日も勉強を続ける。