受験当日の記録①〜出発編

おめでとうコメントありがとうございました。


受験当日の行動記録を忘れないうちに、書いておこうと思います。


記憶が若干あいまいなので多少脚色があるかもです。




すごく長いので、お暇な方だけ読んでください。






23:00


睡眠。

今日は会社で電気工事でアセを流した。


ぐっすり眠れそうな予感がする。





01:00


起きる。全然眠れない。とにかく横になる。



03:00


結局あまり眠れなかった。


外は雷。


電車出るのか?






04:00


どうも体が熱っぽい。

関節も痛いし、吐き気もする。

連日の無理がたたったらしい。

風邪薬はないので、

栄養ドリンクでごまかす。

外は、相変わらず雷雨。


来年のことがちらつく。


あーーこのまま、また一年続けるのか・・・・


気を紛らすために


自分にとっては最後になるであろうブログを書く。


書きながらスラムダンクのジジイが降臨。


「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」


やっぱり、ギリギリまで


もがくことにする!!


車で行く時のために、

目的地の大学をカーナビにいれよ う。

出ない。最近大学名変えたのか?

危うく、

東京周辺に連れていかれそうになる。

今度は地名で探すが、これまた出ない。

「渡鹿」

もしかして「ワタリジカ」って

読んだらダメなの?

グーグル先生に


正解は「とろく」であることを教わる。







5:30


カーナビセット完了。

そろそろ近所の駅の改札が

オープンする時間。


俺氏、家をでっぱつ。

列車が出ないならば、


すぐに引き返してきて車で行こう。






5:40


駅に着く。

改札で駅員さんに尋ねる。

「今日は列車出ますか?」

「出てますよ」

よかった。



ホームに着くと一人のご婦人が

マスク姿の俺氏に声をかけてきた。

「家を出る前にJRに問い合わせた

ら 、列車徐行運転しているって


言ってたんだけど ご存知?」



「駅員さんは今日は通常運行だ と言ってましたよ。」



「前もこういうことあっから、

急ぎの用があるんなら、

駅員さんに確かめてきたら?


田舎だから情報が遅いのよねえ。」



ご婦人に言われるままに、改札に向かう。




ちなみに改札は階段を上って降りてと、


体が振動するたびに感じる頭痛。




きつい・・・・




駅員さんに尋ねた。

「えっ?そういう情報は・・・・」

駅員さん、ちらっとモニター見る。






「本当ですね」

「6:29分の新幹線なんですが間に合いますか?」

「それには間に合うと思いますよ」



よかったあ(^◇^;)






6:05


列車、今だくる気配なし。


雨もいつの間にか弱くなっている。


通常でも中央駅まで20分はかかる。

徐行ってことは、完全に新幹線

に乗れないではないか!!!

ここで一大決心。


車で行こう。


腹をくくる。




改札に行く。


そして苦手な交渉開始。

「年に一回の国家試験なので、


どうしても間に合わせたいんです。


もう車で行きます。


新幹線のチケット払い戻して下さい。」



「えっどうしたいの?熊本?


今から車じゃ間に合わないよねえ。


新幹線は、通常運行しているし、


乗りさえすれば、40分で着くからね。


列車もすぐそこまできてるし。


このまま待った方がいいですよ。


7:00の新幹線に乗れば間に合うから。」




この時は、すごく他人事に感じたのだった・・・




この人は俺がどういう気持ちで2年間勉強してきたのを・・・


一瞬今までの勉強時間、苦労がよぎる。


だよなあ・・・


この人は、知るはずもないよなあ。


あふれる感情を抑える。


とにかく、ここは冷静にいこう。


確かに今からではかなり車を飛ばさないと厳しいかも・・・


会場周辺の駐車場を探す時間もないだろう。


会場周辺に駐車場がないことはリサーチ済みだったのだ。


一大決心を早々に曲げ


駅員さんを信じることにする。






6:15


列車到着。

早々に、車内アナウンス

「この列車は徐行運転します。」




今にも止まりそうな速度で列車が走る。


ただ経過する時間。


このままでは、


7:00の新幹線に乗れるかどうかも

不安になってきた。

落ち着こうとして食べたビターチョコレートが


苦くてリバースしそうになり、


本日一回目の涙目。



6:50


列車到着!!!

急げ!緑の窓口へ。


どうやら新幹線は通常運行だ。

頭が痛くて体が動かないが、

とにかく前へ進むのだ!


あきらめたら試合が終わる!!



6:53


緑の窓口は人が混雑。


ダイヤが乱れまくっているのかも。


みんなチケット持っている・・・

これは、間に合わない・・・・・

完全に終わった。

入り口で某然と佇む中、


なぜか

窓口とお客さんの会話が鮮明に聞こえてきた。


「こういう切符の交換はそちらで

もできますよ。今回は処理しますね。」



もしかして、改札でも交換出来るのか!!


これは、神の啓示に違いない。

会話の内容を勝手に解釈し、新幹線の改札に向かう。

こうするしか間に合わない・・・




6:55


新幹線の改札にて



「ごめんなさい、


先ほど出発した新幹線に乗り遅れてしまったんです。


7:00の新幹線に乗せて下さい。」



「あー少々お待ち下さい」


若い駅員さんは、


分厚いマニュアルをパラパラめくって

対応に苦慮している・・・・




うわあっここで難航すると新幹線乗れない!!


万事休すか!




あせる若い駅員さんは、


先輩らしき駅員さんのアドバイスを仰いだ

「こういう場合どうすればいいのけ?」


わからない時は聞く!


ナイスな判断。


その先輩駅員は俺氏を見るなり、


「もしかして、国家試験を受ける方?


駅から連絡きています。


本日はご迷惑をお掛けしました。


これが券になります。」



神様は自分をまだ見捨てていなかった!!

頼もしいです。イケメン先輩駅員さん!



それと、地元の駅員さんありがとう!!

さらっと、クールに連絡してくれたんですね!!!


本日のエロVP賞は地元の駅員さんに決定です。

(副賞は家のタンスで静かに眠るエロDVDになります)


(*v.v)。




感謝で本日2回目の涙目。






06:58


時間がない!


とにかく急げ!13番ホームへ。



06:59


新幹線にズザーっと乗り込む。


間に合った!


車両に入るなり、席を見つけた。

隣には、ビジネスマンさんが


いそいそとパソコンで資料作成中。


静かに佇む俺氏を見て


手を止め席に置いてあったカバンをどけてくれた。




「ありがとうございます」




なーんだ。(*´Д`)=з


相席かあ。

急に手配してくれた券だから、


まあ、しょうがないかあ。




07:00

新幹線、出る!



7:30


俺氏、トイレに立つ。


この時、

座席番号を間違えていたことに気づく!!!



本日一回目の痛恨のミス!!!!



仕事の邪魔をして

ごめんなさい、ビジネスマンさん。



総勢5人しかいない車両なのに、


どう考えたって相席はないよね。

苦いチョコレートあげようかな


いらないかあ・・・


残り10分、


平静を装いビジネスマンさんの隣に座る。



7:40


熊本着。

ここで 迷わなければ、


7時47分の列車に乗り継げるんだが・・・



ウロウロ・・・・




キョロキョロ・・・・




スタスタ・・・・・




やっぱり今年も迷った・・・・orz。



列車に乗り遅れる。



やっとホームに着いた時には、誰もいな・・・









いる!




いかにも


電験3種受験生っぽい人が一人ホームのベンチに座っている。



声をかけてみよう。


普段コミュ力がないのだが、


今日は、とにかく人と会話をして落ち着きたい。



「電験ですか?」



「そうなんです。いやあ、ご飯を調達している間に


列車が出ちゃいましたよガハハハハ。」



「間に合いますか?」



「ギリギリってとこですかねえ。大丈夫でしょう。


もう一つの会場じゃなくて良かったですよ、


駅から歩かないといけないですからねえガハハハハ。」



聞くと、今回で三回目の受験らしい。

残りは理論のみ。今回逃すと、


全部復活するんですよ。ガハハハハ。と笑う。



もしかしたら、スパイラル突入かもという


宮崎から来たというこの受験生には、


悲壮感やあせりのオーラがなかった。



頼もしい、頼もしすぎる!!

自分もこうでなければならない。



確かにその時、そう思った。









8:10


列車が到着。



席がいっぱい空いている。

昨年は、おじさんたちで、列車が

超満員だった。



やっぱり他の受験生は会場に行ってしまったんだなあ。



一人、しみじみ物思いにふけっていると、


目の前の席が、


優先席であることに気づく。




そっと後ろを振り向く・・・・




『優先席』




あちゃー(ノ_-。)




本日2回目のミス!!




宮崎の受験生は、しっかり真ん中あたりに座っていた・・・


列車が一般客で混んできた。




スッと席を立ち、運転席後ろ列車の中央の窓から


進行方向の窓を見つめる。




熊本市内は雨は降っていないようだ。




いつものように上半身の荷重を運転席後ろの扉にかけた。




そのとき、




『ガコッ!!!』




なんだ!!!!!




開くはずのない扉が開く!




本日3回目のミス。




あせる俺氏。




あわてて閉める。




勢いアマって反対側へ開く。




運転手が俺氏の


不審な動きに気づいて鍵を閉めてくれた。




俺氏がテロリストじゃなくて


よかったですなあ。


ガハハハ(´∀`)




電車が出発。


この雨じゃ徐行はしないだろう。



8:25


列車が 会場へ到着。


この後の列車だったら完全に遅刻だった。


ホームをから、目の前は大学。


看板もある。

コンビニでご飯を買う暇はなさそうだ。

どうせ食欲はないし、

理論が終わったらたっぷり時間がある


そのときにご飯を買おう。



















というような感じで出発し、会場に到着したのであります。











































iPhoneからの投稿











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フォロー者がやたら少ない悲しいTwitterはこちら↓
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
サンプルDVD無料♪
最新記事
そうだ。テキスト買おう!
おしゃれさんになろうかの♪
2種は最初にこの本で↓

いちばんよくわかる 電験2種数学入門帖 改訂3版

新品価格
¥4,104から
(2017/9/26 10:52時点)

ムムム!
プラモデル作りたいな
髪切った?
君は勉強できるフレンズなんだね!
人気?ブログランキング
電験寺
クリックしたら

FC2Blog Ranking

プロフィール

oka416R

Author:oka416R
某ビルのパシリ兼
電気主任技術者です。
Twitterは
電験寺の電験魂
@denkentamasii

取得済み
丙種危険物取扱者
乙種4類危険物取扱者
第2種電気工事士
2級ボイラー技士
第2種冷凍機械責任者
建築物環境衛生管理技術者
第3種電気主任技術者
エネルギー管理士
第1種電気工事士
消防設備士甲4乙7
1級電気工事施工管理士


これからの受験予定
第1種冷凍機械責任者
第2種電気主任技術者

ブログ村
ブログ村にも参加してます
10回読みました↓
電験三種に素人が合格するためのサイト
素人が電験二種に合格するには
ブログ村ランキング
電験寺はあるかな?
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
掃除の時間を勉強時間に。
高スペックな10.5をオススメしたい。

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 256GB MPF02J/A [シルバー]

新品価格
¥89,131から
(2017/10/3 16:10時点)

提供
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
あしたも見てくれるかな?
現在の閲覧者数: